授業?学生の活躍

【日本語日本文学科】ザ?山口弁講座

各セクションが更新しているブログから記事をピックアップ! 今回は日本語日本文学科による記事です。

あれは、今から30年前、1992年5月、私が山口県の女子高の教師だったころの事。現代国語の授業で取り上げた宮沢賢治の詩「永訣の朝」や小説「風の又三郎」に対する感想の中に「共通語では表現しきれない、そこに生きる人の息遣いや心持がつたわってくるような気がする」「おっとりとした、スピード、やわらかなイントネーション、東北の方言には私たちのふるさと山口とは異なるぬくもりが存在するような気がする」というのがあり、生徒たちが「方言」の魅力に引かれていく姿に、私はワクワクしていました。

続きはこちら(日本語日本文学科 ブログ)


FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.
Copyright © Showa Women's University. All Rights Reserved.